専業主婦は消費者金融には申込めません!

収入のない専業主婦は総量規制の関係により消費者金融に申込む事ができません。

 

 

じゃあ専業主婦はカードローンに申込めないの?


総量規制対象外の銀行カードローンなら申込めます。更にいえば専業主婦用の小額借入枠がある銀行カードローンがあるのでそちらに申込めば誰にもバレずに申込めますよ。

専業主婦用の小額借入枠がある銀行カードローン

リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

勘違いしないでください!安定収入のある主婦なら消費者金融にも申込めます!

パートなどで安定収入のある主婦なら自分の与信でカードローンに申込めます。自分の与信で申込めるなら、

  • 収入の少ないパート主婦でもしっかり審査してくれる
  • 無利息サービスがあり早期返済で低金利カードローンよりも利息を少なくできる
  • 今すぐ借りる為の条件が少ないので即日融資の可能性が高い

こういった特性のある消費者金融が一番でしょう。その中でもレディースキャッシングのあるプロミスは編集部でも一番人気です。

安定収入のある主婦なら消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

専業主婦はなぜ消費者金融でお金を借りることができないのか

現在、仕事をしていない(=収入がない)専業主婦の場合は消費者金融を利用してお金を借りることはできません。似た状況のひとつとして、クレジットカードの申し込みがあります。実は仕事をしていない専業主婦であってもクレジットカードを作ること自体は可能です。

 

ただし、専業主婦に収入がないということに変わりはありませんので、いわば無職の状態でクレジットカードを作るような状態です。にもかかわらず専業主婦がクレジットカードを作ることができるのは、配偶者の収入をもとにカード発行を受けることができるためです。

 

また、消費者金融と異なりクレジットカードについては基本的に「使用した分」に対して請求が届くことになり、全く支払が発生しないという月もあります。もちろん配偶者が仕事をしていない、あるいは

 

 

何らかの問題があるという場合にはクレジットカードを発行することは不可能


ですが、専業主婦だからといってクレジットカードを持つことができないというわけではありません。では消費者金融はどうなのかといえば、冒頭で述べたように専業主婦の場合は事実上不可能ということになります。クレジットカードとの違いは、ひとつは適用される法律が異なるということもありますが

 

 

もうひとつの違いは毎月の支払についての違い


です。クレジットカードの場合、先述の通り必ずしも毎月支払が発生するとは限りませんし、発生したとしても支払うべき金額は月によって異なります。しかし、消費者金融の場合は利用した金額にもよりますが毎月の「最低支払額」というものが決まっているのですが、お金を借りるということに関してはクレジットカードより専業主婦カードローンを利用した方が専業主婦にとってはいでしょう。

 

そのため、毎月安定した収入を得ていない専業主婦の場合はそれだけでも毎月の支払が難しくなってしまいます。消費者金融を専業主婦が利用できない理由についてはこの他にも様々なものがあります。

 

実際にお金を借りた場合には必ずその後返済しなければならないことを考えると、収入がない専業主婦がお金を借りること自体が現実的ではないといえます。なので消費者金融であるノーローンの審査落ち以前の問題で申込自体ができないといってもよいでしょう。

総量規制の例外の配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは年収の少ない主婦が消費者金融に申込んだ場合に配偶者である夫の年収も含めて利用可能な限度額が決定される為、理論上は通常のキャッシングで申込むよりも高い融資が期待できる貸付です。夫が主夫を行っている場合はその逆のケースもしかりです。

 

 

専業主婦は諦めるしかないのかなぁ・・・


消費者金融で通常のキャッシングを利用する場合には原則的に本人に収入があることが条件となりますが、この配偶者貸付を利用する場合は理論上は収入のない専業主婦でも融資が可能となる点が大きな特徴です。但し、

 

 

この配偶者貸付で可能となる融資額の上限は契約を行う妻と夫の年収を合算した1/3の額になります。


消費者金融は貸金業法の総量規制が適用されるので本来は原則として個人ごとの年収の1/3の額が上限となりますが、配偶者貸付は総量規制の例外の貸付である為、その上限額は適用されません。

専業主婦が配偶者貸付を利用できない本当の理由

配偶者貸付による融資は貸金業法上、消費者金融での取り扱いが可能となる貸付ですが、配偶者貸付を取扱う業者は極わずかで本人に多少でも収入があることが条件で本人に収入がない専業主婦は配偶者貸付を取扱う消費者金融でも利用は不可能です。しかも、

 

 

大手消費者金融や中規模消費者金融ではこの配偶者貸付は取扱っていません。


取扱っている業者は全く知名度のない小規模の消費者金融に限られています。これは貸付する側にメリットがない点と提出が義務づけられている書類がある為、多くの利用者を見込めない点の表れだといえます。以上の事から、

 

 

消費者金融を利用できない専業主婦がお金を借りたい場合は銀行のカードローンに申込む事が現実的だと言えます。


何故なら銀行のカードローンであれば総量規制の対象とならないので収入のない専業主婦向けのカードローンがいくつもあるからです。

専業主婦が銀行カードローンを利用するメリットは?

この銀行のカードローンに申込む場合には夫の勤務先の在籍確認や年収を証明する収入証明書を必要とする銀行カードローンも多いですが、審査をする上で夫にそのような契約を行うことを伝えたりするようなことは先ずありません。

 

基本的に契約を行うのは妻本人であって、配偶者である夫の与信で審査されるものの妻が契約を行う旨を伝えることはないですが利用中に契約している本人に返済の滞納などがあった場合には配偶者である夫へ連絡することは多分に考えられます。

 

 

配偶者貸付と同じような書類が必要だと面倒だなぁ・・・


本人に収入のない専業主婦の場合、銀行カードローンで利用可能となる融資の上限額は多くても50万円迄に設定している銀行カードローンがほとんどですができるだけ少額設定している銀行カードローンのほうがおすすめです。

 

 

借入枠を小さく設定している専業主婦向けの銀行カードローンなら面倒な書類が必要なく申込めます!


この借入可能上限額というのは各銀行で設定されている額であって実際に融資される金額ではありません。また、専業主婦に実際に融資される金額については配偶者の与信を審査される事になるので全ての専業主婦に同じ金額が融資されるわけではありません。

 

そして配偶者貸付の場合は法律上、

  • 申込の際に配偶者の同意書
  • 夫婦関係であることを証明する書類

が絶対に必要になりますが専業主婦向けの銀行カードローンの申込については殆どの場合に必要でないのメリットのひとつです。

 

 

だったら、安心して申込めるわね!


但し、中には申込の際に配偶者の同意書や配偶者の収入証明及び配偶者への在籍確認を必要とする銀行カードローンもあるので夫に内緒にしたい場合はそのような書類の提出や在籍確認のない借入枠を少額設定している専業主婦向けの銀行カードローンを選ぶ事です。

更新履歴